モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400

スーパーペトロック400は、モルタル混和作業性、モルタルのシマリ、皮張りを大幅に改良した臭いの無いクリーム状のラテックスです。耐久性、耐アルカリ性などの性能面でも信頼の商品です。
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400
荷姿 3kgポリ容器入り、18kgペール缶
メーカー:旭化成ケミカルズ株式会社この商品は即納可能です


荷姿 当店格安価格 カート
3kgポリ容器入り 2500円(税込)
数量:
18kgペール缶 7900円(税込)
数量:


スーパーペトロック400の特徴
(混入工法)
【1】 減水効果が大きく、モルタルの乾燥収縮量が軽減されます。
【2】 皮張りが少なく、コテ塗りの作業性に優れています。
【3】 下地に対する付着性が大きく向上し、耐水性、中性化防止、遮塩性、防錆性能に優れます。
【4】 凍結融解及び温冷繰り返しに対する抵抗性に優れているため、耐久性が大幅に向上します。
(塗布工法)
【1】 モルタルの付着力を向上させ、長期的に接着性能を保持します。
【2】 SL材用プライマーとして優れた気泡抑制効果を発揮し、表面強度を向上させます。
スーパーペトロック400の用途
(モルタルへの混入)
下地調整・PC板破損箇所の補修・PC板ジョイント部の詰めモルタル・RC造打継ぎ部の補修・サッシ廻りの詰めモルタル
(薄塗り用モルタルへの混入)
ALC板の表面処理・コンクリート面の目違い亀裂等の表面調整・塗床材、壁装材等の下地調整・タイル下地及びタイル圧着用モルタル・各種モルタルのヒビワレ補修・中性化防止、塩害防止
(セメントペーストへの混入)
床、地下室の壁等のモルタル剥離防止・コンクリート打継部等の透水防止・補修箇所の透水防止
(薄塗り用石膏プラスターへの混入)
壁装材、壁紙、クロス貼り等の下地調整
(塗布乾燥、塗布追っかけ型プライマー)
モルタル接着増強・ALCプライマー・セルフレベリング(SL)材用プライマー
スーパーペトロック400の使用法
通常のモルタルへの混入及び塗布(プライマー)は、スーパーペトロック400を1に対して水2の3倍液で使用してください。
スーパーペトロック400の施工面積
塗布工法:360m2/18kg缶(内外壁コンクリート下地)、125m2/18kg缶(セルフレベリング下地)
混入工法:50m2/18kg (5mm厚、各種プレミックスモルタル)

スーパーペトロック400の品質

外観 乳白色エマルジョン
成分 アクリル系ラテックス
pH 7〜9
粘度 2000mp・s以下
比重 1.02±0.01


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000

NSハイフレックスHF-1000は、エチレン酢酸ビニル系の合成高分子エマルジョンとして発売以来30年以上にわたり業界から高い評価を得ている製品です。耐水性、耐アルカリ性に優れ、保管時の凍結安定性に優れています。
モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000
荷姿 4kgポリ容器入り、18kgペール缶
メーカー:日本化成株式会社この商品は即納可能です


荷姿 当店格安価格 カート
4kgポリ容器入り 3700円(税込)
数量:
18kgペール缶 7900円(税込)
数量:


NSハイフレックスHF-1000の特徴
(塗布工法)
【1】 NSハイフレックスHF-1000を塗布してから、モルタル塗付けまでのインターバルが塗布直後から7日程度と長く取る事ができます。
【2】 NSハイフレックスHF-1000から形成された塗膜の表面張力が、コンクリート表面張力と近似しておりモルタルとの親和性が高く、長期間高い接着強度を維持できます。
【3】 NSハイフレックスHF-1000から形成された塗膜は、柔軟で強靭、サーマルムーベントに対し優れた抵抗性を有します。
(混入工法)
【1】 NSハイフレックスHF-1000を混入したモルタルは、セメントゲルと砂が強固に結合するため、脆性材料としてのセメントモルタルの本質的欠陥を著しく改良します。
【2】 NSハイフレックスHF-1000を混入したモルタルは、一般のセメント混入用ポリマーディスパージョンを混入したモルタルに比べ空気連行量が少なく、緻密な硬化体が得られます。また、長期間優れた接着強さを維持できます。
NSハイフレックスHF-1000の施工法(吸水調整材)
(下地の清掃)下地の脆弱層・レイタンス・油分・汚れ等をワイヤーブラシ・サンダー掛け等で除去し、水洗い清掃または高圧洗浄清掃をおこなう。
(ハイフレックスの塗布)下地が乾燥したらNSハイフレックスHF-1000の5倍希釈液を刷毛等でむらなく塗布します。
現場調合モルタルにNSハイフレックスHF-1000を混入しないで施工する場合は、3倍希釈液を塗布してください。
NSハイフレックスHF-1000を塗布後乾燥してから次の作業を行ってください。乾燥時間の目安は、夏季1〜2時間、冬季3〜5時間程度です。
凍結の恐れがありますので、下地表面の温度が0℃未満の場合には、施工を避けてください。塗布後、透明な皮膜を形成せず、乾燥後も白っぽい皮膜を形成した場合は、必ず削り取ってください。
吸水の激しい下地の場合、ドライアウトの原因になりますので、希釈倍率を厳守してむらなく丁寧に塗布してください。
外装タイル用有機系接着剤やエポキシ系接着剤等でタイル張りをおこなう場合の下地への塗布は避けてください。接着強度低下の原因になります。また、石材等を張る場合の裏面処理には使用しないでください。
(養生)通風や直射日光を避け、必要に応じて屋内では開口部の閉鎖、屋外ではシート等の養生をおこなってください。また、施工後、降雨・降雪のおそれがある場合も養生をおこなってください。
乾燥後、ホコリ等が付着すると接着力を阻害しますので、なるべく早めに次の工程の作業をおこなってください。
NSハイフレックスHF-1000の使用上の注意
サッシ等に付着した場合は、すぐに濡れ雑巾等で拭きとってください。
気温が3℃以下になる場合には、施工を避けてください。
希釈、練混ぜに使用する水は、水道水等の清水を使用してください。
使用した後の器具は、速やかに水で洗浄してください。
製品は製造後6ヶ月以内を目安に使用してください。

NSハイフレックスHF-1000の性状及び性能

性状
主成分 エチレン酢酸ビニル共重合体エマルション 粘度 1000±200mPa・s
外観 乳白色液体 密度 1.04±0.1g/cm3
固形分 45±1% 最低造膜温度 0℃
pH 6±1 凍結安定性 -10℃(5サイクル合格)

性能
吸水調整材
(公共建築協会の吸水調整材[Bタイプ]に定められた試験方法による試験結果)
試験項目 試験結果 性能基準
吸水性[吸水量(g)] 0.1 30分間で1g以下であること
接着強度
(N/mm2
標準状態 3.73 0.98以上
熱冷繰返し抵抗性 4.01 0.98以上
凍結融解抵抗性 4.42 0.98以上
熱アルカリ溶液
抵抗性
3.16 0.98以上
外観および
界面破断
いずれも著しいひび割れ および剥離がなく、界面破断が50%以下 いずれも著しいひび割れ および剥離がなく、界面破断が50%以下であること

セメント混和用ポリマーディスパージョン
(JIS A 6203:2000による試験結果)
試験項目 試験結果 品質基準
曲げ強さ(N/mm2 12.0 8.0以上
圧縮強さ(N/mm2 47.0 24.0以上
粘着強さ(N/mm2 2.4 1.0以上
吸水率(%) 2.0 10.0以下
透水量(g) 1.1 15以下
長さ変化率(%) 0.049 0〜0.150

NSハイフレックスHF-1000の品質

試験項目 試験結果 品質
ディスパージョン
試験
外観 粗粒子、異物、凝固物などは認められなかった 粗粒子、異物、凝固物などがあってはならない
密度  g/cm3 1.065  (20.0℃) -
pH 5.3  (21.0℃) -
粘度  mPa・s 1124  (20.0℃) -
不揮発分  % 45.5 35.0以上
ポリマーセメント
モルタル試験
フロー値  mm 171 170±5
単位容積質量  kg/l 2.09 参考値
曲げ強さ  N/mm2 12.0 8.0以上
圧縮強さ  N/mm2 47.0 24.0以上
接着強さ  N/mm2 2.4 1.0以上
吸水率  % 2.0 10.0以上
透水量  g 1.1 15以下
長さ変化率  % 0.049 0〜0.150


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


コンクリート接着剤、E200

コンクリート接着剤、E200は、機械的強度に優れたコンクリート・モルタル用のエポキシ樹脂系接着剤です。湿潤面の接着性に優れ、コンクリートやモルタルの打継ぎ、塗継ぎ、接着や、アンカーの固定用接着など幅広い用途に使われるコンクリート接着剤です。
コンクリート接着剤、E200
荷姿 1kgセット(主剤:800g、硬化剤:200g)
メーカー:コニシ株式会社この商品は即納可能です


荷姿 当店格安価格 カート
1kgセット(主剤:800g、硬化剤:200g) 2700円(税込)
数量:

コンクリート接着剤、E200の特徴
【1】 (高強度)硬化後の機械的強度や耐磨耗性に優れます。
【2】 (湿潤面接着性)湿潤面への接着性に優れます。
【3】 (耐水性)耐水性や、耐薬品性に優れます。
【4】 (接着耐久性)接着後の耐久性に優れます。
コンクリート接着剤、E200の用途
【1】 (打継ぎ)新旧コンクリートの打継ぎ、嵩上げ、モルタル塗継ぎ
【2】 (アンカー固定)機械台座の固定、各種アンカーの固定
【3】 (注入)逆打ち工法における湿潤間隙部への注入
コンクリート接着剤、E200の塗布面積(ヘラかブラシで塗布します)
塗布量・・・0.5〜0.7kg/m2(平滑面)、0.8〜1.2kg/m2(粗面)
コンクリート接着剤、E200の注意事項
コンクリート接着剤、E200は、皮膚に付着したり蒸気を吸入したりすると、かぶれ、中毒など健康障害を起す恐れがありますので、所定の用途以外には使用しないでください。
作業する場所は、充分に換気してください。
取扱い中は、皮膚に触れないように保護具などを着用してください。
取扱い後は、手洗い・うがいを充分に行ってください。
作業着などに付着した場合は、速やかに汚れをよく落としてください。
皮膚に付着した場合は、速やかに拭き取り、石鹸と水で洗い落としてください。痛みや外観に変化がある場合には医師の診察を受けてください。
蒸気などを吸い気分が悪くなった場合には、空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じ医師の診察を受けてください。
眼に入った場合には、多量の水で洗い流し、必要に応じて医師の診察を受けてください。
コンクリート接着剤、E200の保管条件は、2〜40℃以下です。

コンクリート接着剤、E200の品質

1.主成分
主剤(A剤) エポキシ樹脂
硬化剤(B剤) 変性脂肪族ポリアミン、ポリチオール
2.一般性状
検査項目 試験方法 試験条件 単位 主剤規格 硬化剤規格
外観 目視 - - 乳白色粘稠液 茶褐色透明液
混合比 質量比 A:B=4:1
3.性能
試験項目 試験方法 試験条件 単位 規格
粘度(混合物) JIS K 6833 20℃ Pa・s 3〜7
比重(硬化物) JIS K 7112 20℃ - 1.35±0.05
曲げ強さ JIS K 7203 20℃7日 N/mm2 40以上
圧縮降伏強さ JIS K 7208 20℃7日 N/mm2 70以上
圧縮弾性率 JIS K 7208 20℃7日 N/mm2 1.5×10^3以上
引張強さ JIS K 7113 20℃7日 N/mm2 20以上
衝撃強さ JIS K 7111 20℃7日 kJ/m2 1.5以上
引張せん断接着強さ JIS K 6850 20℃7日 N/mm2 10以上
硬度(HDD) JIS K 7215 20℃7日 - 80以上


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


コンクリート接着剤、E250

コンクリート接着剤、E250は、金属、石材、木材等各種接着用のエポキシ樹脂系接着剤です。常温硬化型のE250は作業性、接着力に優れるため、土木建築分野をはじめ、多方面の接着工法に応用されています。
コンクリート接着剤、E250
荷姿 2kgセット:(主剤:1000g、硬化剤:1000g)
メーカー:コニシ株式会社この商品は即納可能です


荷姿 当店格安価格 カート
2kgセット:(主剤:1000g、硬化剤:1000g) 4300円(税込)
数量:

コンクリート接着剤、E250の特徴
【1】 (強力接着)鋼同士でも優れた接着効果を示します。
【2】 (湿潤面接着性)湿潤面に対しても接着が可能です。
【3】 (耐久性)耐水性や、耐薬品性、耐油性に優れます。
【4】 (充填接着)硬化後の肉やせがほとんどありません。
コンクリート接着剤、E250の用途
コンクリート、モルタル、金属、石材、レンガ、木材、陶磁器等の接着
但し、ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、シリコーン樹脂等は接着できません。
コンクリート接着剤、E250の塗布面積(ヘラ、ブラシ、クシ目鏝で塗布します)
塗布量・・・0.5kg/m2(平滑面)、0.8kg/m2(粗面)
粗面・充填接着用には両面に塗布すると効果的です。
コンクリート接着剤、E250の注意事項
コンクリート接着剤、E250は、皮膚に付着したり蒸気を吸入したりすると、かぶれ、中毒など健康障害を起す恐れがありますので、所定の用途以外には使用しないでください。
作業する場所は、充分に換気してください。
取扱い中は、皮膚に触れないように保護具などを着用してください。
取扱い後は、手洗い・うがいを充分に行ってください。
作業着などに付着した場合は、速やかに汚れをよく落としてください。
皮膚に付着した場合は、速やかに拭き取り、石鹸と水で洗い落としてください。痛みや外観に変化がある場合には医師の診察を受けてください。
蒸気などを吸い気分が悪くなった場合には、空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じ医師の診察を受けてください。
眼に入った場合には、多量の水で洗い流し、必要に応じて医師の診察を受けてください。
コンクリート接着剤、E250の保管条件は、40℃以下です。

コンクリート接着剤、E250の品質

1.主成分
主剤(A剤) エポキシ樹脂
硬化剤(B剤) ポリアミドアミン
2.一般性状
検査項目 試験方法 試験条件 単位 主剤規格 硬化剤規格
外観 目視 - - 乳白色ペースト 灰色ペースト
混合比 質量比 A:B=1:1
3.性能
試験項目 試験方法 試験条件 単位 規格
比重(硬化物) JIS K 7112 20℃ - 1.40±0.10
可使時間 温度上昇法 20℃ 50±10
粘度(混合物) JIS K 6833 23℃ Pa・s 150±50
圧縮降伏強さ JIS K 7208 20℃,7日 N/mm2 50以上
圧縮弾性率 JIS K 7208 20℃,7日 N/mm2 1.5×103以上
曲げ強さ JIS K 7203 20℃,7日 N/mm2 45以上
引張強さ JIS K 7113 20℃,7日 N/mm2 20以上
衝撃強さ JIS K 7111 20℃,7日 kJ/m2 1.5以上
硬さ(HDD) JIS K 7215 20℃,7日 - 80以上
引張せん断接着強さ JIS K 6850 20℃,7日 N/mm2 15以上


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


車止めブロック接着剤、システムロード2000

車止めブロック接着剤、システムロード2000は、駐車場等で車止めブロックを取り付けする際に用いる接着剤で、アスファルト舗装、コンクリート舗装のいずれにも使用可能です。引火性が無く毒性も無いなど、安全性にも優れています。
車止めブロック接着剤、システムロード2000
荷姿 1kg/本
メーカー:株式会社NIPPO
この商品は即納可能です


荷姿 当店格安価格 カート
1kg/本 1500円(税込)
数量:


システムロード2000の特徴
【1】 システムロード2000は、一液型で施工が簡単です。
【2】 システムロード2000は、黒色ペースト状の接着剤で、アスファルト舗装、コンクリート舗装のいずれにもコンクリート二次製品の接着が可能です。
システムロード2000の接着強度
3時間 ・・・・ 0.87N/mm2
24時間 ・・・・ 0.90N/mm2
3日 ・・・・ 0.98N/mm2
7日 ・・・・ 1.21N/mm2
30日 ・・・・ 1.65N/mm2
システムロード2000の用途
駐車場の車止めブロックの接着
中央分離帯の境界ブロックの接着
集水舛の嵩上げ接着
下水道、マンホール接着
システムロード2000の施工方法
【1】 (接着面の清掃)接着面のホコリ、油、汚れ、ゴミ、水溜まり等を、システムロード2000塗布前に完全に除去してください。
【2】 (接着剤の塗布)清掃が終わり次第ブロック設置位置を決めてください。ブロック設置位置が決まり次第、接着路面とブロック底面それぞれにシステムロード2000を塗布してください。その際に、点付は、不可です。
【3】 (ブロック据付、養生)システムロード2000を塗布後、上から押し付けるように乗せてください。はみ出したシステムロード2000を除去して、作業は完了です。
システムロード2000の取扱い上の注意
清掃の際に、舗装接着面に水をかけすぎ、水溜りができないようにご注意ください。
施工中、雨が降り出した時には速やかに作業を中止してください。表面に膜ができる前に雨などに当ると水溶性なので溶けてしまいます。
システムロード2000を使用したコテなどは、工事終了後は速やかに水洗いしてください。
直射日光に当てないでください。また凍結すると使用できなくなります。
硬化時間を早めたい場合には、セメントを質量比で10%添加して使用してください。
外装モルタル、石材、タイルの接着はできません。
取扱い中は、皮膚に触れないように保護具などを着用してください。
皮膚に付着した場合は、速やかに拭き取り、石鹸と水で洗い落としてください。痛みや外観に変化がある場合には医師の診察を受けてください。
眼に入った場合には、多量の水で洗い流し、必要に応じて医師の診察を受けてください。

システムロード2000の品質

物性の特性
化学名: アスファルト
ポリビニルアルコール(PVA)
ラテックス(合成ゴム)
含有量: 全量の約57%(水性エマルジョン)
PH:7±1  比重:1.03  粘度:60,000cps
粒径平均:1ミクロン
危険有害性 <危険有害性の分類>
危険性: 化学物質の危険性・有害性に関わる関係法規等の分類基準には該当しない。水性エマルジョンであり火災、爆発の恐れはない。
有害性: 皮膚又は粘膜(目・皮膚・呼吸器官)に長期間又は繰り返し接触した時、肌が弱い人はただれることがある。
応急処置
(1) 目に入った場合は、洗浄水で15分以上洗眼後、速やかに眼科医の診断を受ける。
(2) 石鹸水を使用して多量の水で洗い流す。
(3) 多量の水又は食塩水を飲ませた後、吐かせ、速やかに医師の診断を受ける。
火災時の処置
消化方法: 火元の燃焼源を断ち、消化剤や水を使用して消化する。
消化剤: 炭酸ガス・粉末・泡・噴霧水
取り扱い及び
保管上の注意
作業中は保護手袋を着用し、目、粘膜、皮膚に触れないようにする。
作業後は手指に石鹸を使って洗い、着布に付着したら着替える。
容器は一定の場所に保管する。
冬期間の保管には凍結に注意する。凍結すると使用不可。
漏出時の処置 付近の着火源となるものを速やかに取り除きウエスで拭き取る。
廃棄の方法 凝固物は産業廃棄物として焼却するか、廃棄物処理及び清掃に関する法律に基づき産業廃棄物専門業者へ埋め立てを委託する。
輸送上の注意 容器はみだりに落下、転倒、衝撃を加えたり、引きずる等の粗暴な取り扱いをしない。
適用法令 安全衛生法、消防法、毒物及び劇物取締法に規制されない。
ここに記載された情報は、メーカーの最善の知見に基づくものですが、情報の完全さ、正確さを保証するものではありません。取り扱いには細心の注意をして、本品の使用の適性に関する決定は、使用者の責任において行ってください。


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


タイル接着剤、セラミックボンド GL-20

タイル接着剤、セラミックボンド GL-20は、JIS A5548タイプ供F☆☆☆☆を取得した水性エマルジョン系接着剤です。
タイル接着剤、セラミックボンド GL-20
外観白色 パテ状
主成分合成樹脂系エマルション
張付け可能時間30分/23℃(屋内)
この商品は即納可能です


荷姿当店格安価格カート
1缶(12kg/缶)6900円(税込)
数量:
1缶(20kg/缶)7500円(税込)
数量:

セラミックボンド GL-20の特徴
屋内の壁面(平滑用)に、陶磁器質タイルを貼るのに適した接着剤です。
モルタル・PC板・ボードなどの下地への施工に適しており浴室の壁面にも施工できます。
セラミックボンド GL-20の用途
モルタル仕上げ面・PC板・合板・ボード類などの平滑な下地に陶器質タイル(150角まで)や磁気質タイル(モザイク)の接着
セラミックボンド GL-20の使用量
〈モルタル木鏝仕上げ面〉・・・1.4〜1.7kg/m2・0.6〜0.7m2/kg
〈乾式下地面〉・・・・・1.0〜1.2kg/m2・0.8〜1.0m2/kg
セラミックボンド GL-20の使用方法
【下地の作成】
モルタル下地の場合
下地は平坦・平滑に仕上げ、施工後2 週間(冬期は4 週間)以上養生し、よく乾燥している事を確認します。
ボード類下地の場合
タワミのない厚手の合板またはパーチクルボードを使用し、目違いや目地あきのない下地とします。
【下地の調整及び清掃】
1. モルタル下地に凸部がある場合は、サンダー掛けやケレン処理により平滑にします。また、凹部がある場合は、下地補修材で補修します。
2.モルタル下地のもろい部分やレイタンスは必ず取り除いてから下地補修材で補修します。
3.下地面及び被着体のゴミ・ホコリ・油分・錆・塗料などは接着不良の原因となりますので取り除きます。
4.下地が湿っている場合は施工をしないで下さい。
【接着剤の塗布】
1. 接着剤は左官ゴテを用いて、下地に押し付けるよう均一に塗布します。
チェック:一回の塗布面積は、張付け可能時間内にタイルを張り終える面積として下さい。
2.接着剤を塗布した後、クシ目ゴテでクシ目を立てます。

【タイルの張り付け】
1. クシ目を立てた後、すぐにタイルを張り始め、張り付け可能時間内に張り終えます。
チェック:張り付け可能時間は、環境により異なります。
2.タイルは、もみ込むようにして張り、タイル裏面全体に接着剤がなじむように、タタキ板などで充分圧着します。
3.約2m2ごとにタイルを1枚剥がし、タイル裏面に接着剤が70%以上付着していることを確認します。
チェック:タイル表面に付着した接着剤は、水を含ませた布で拭き取って下さい。
目地直しは、接着剤(GL-20)が硬化する前(張り付け後30分以内)に行って下さい。

【養生】
1. タイル張り付け後2日以上養生し、接着剤を硬化させます。
【目地詰め】
1. 目地詰めを行う前に、タイルのズレや接着剤の硬化不良がないことを確認します。
2.目地用ゴムゴテを用いて、目地部に既調合目地材が完全に充てんされるように塗り込みます。
チェック:出入り隅部、建具枠、設備機器との取り合い部には弾性目地を充てんしますので、セメント系目地材を塗り込まないで下さい。
【端部の処理】
1. 入り隅部はのみ込みとしないで、弾性目地を設けます。
2.建具や設備機器との取り合い部には、弾性目地を設けます。
チェック:弾性目地が硬化するまでは、ホコリやゴミなどが付着しないようにして下さい。
取扱いの注意
屋外・床面・常時40 ℃以上となる場所には使用できません。
浴槽内・水槽内・大衆浴場など常時水掛かりとなる場所、及び、鉄板・塗装面・タイル面など非吸水下地には使用できません。
浴室に使用する時は養生時間を充分に取り、接着剤を完全に硬化させて下さい。
接着用途以外には、絶対に使用しないで下さい。
品種の異なる接着剤と混合しないで下さい。
5 〜35 ℃の環境で使用・保管して下さい。 (0 ℃以下では凍結することがあります。)
取扱い場所及び作業場所は換気を行って下さい。又、施工後も接着剤が硬化するまで、通常の換気(日常生活の程度、朝夕1 〜2 時間)を行って下さい。
使用時は必要に応じて保護具を着用して下さい。
開缶した接着剤は、できるだけ早く使い切って下さい。
使い残した接着剤は密封した上で場所を定めて保管して下さい。
直射日光の当たらない屋内に場所を定めて保管して下さい。
子供の手の届かない所に保管して下さい。
使用後や休憩前には、手洗い・ウガイをして下さい。
使用中に身体に異常を感じた時は直ちに使用を止め、換気のよい場所で安静にし、必要に応じて医師の診断を受けて下さい。
目に入った時は直ちに清水で洗い流した後、医師の診断を受けて下さい。
誤って飲み込んだ時は直ちに医師の診断を受けて下さい。
皮フや衣服に付いた時は洗い落して下さい。
誤飲防止と食品への混入を避けるために保管場所は食品と区別して下さい。
使用済み容器などは、許可を受けた産業廃棄物処理業者へ処分を委託して下さい。
河川・湖沼・下水道などへ流入させないで下さい。
GL- 20 をご使用になる前には、商品容器の表示事項をよくお読み下さい。


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


モルタル接着増強剤、ハイモル エマルジョンM

ハイモル エマルジョンMは、モルタル工事に使用するエチレン酢酸ビニル系(EVA系)のモルタル接着増強剤です。
※日本建築仕上学会・M-101規格適合品、国土交通省営繕工事適合品
モルタル接着増強剤、ハイモル エマルジョンM
成分エチレン酢酸ビニル系エマルション
密度1.06g/cm3
粘土720±200mPa・s(30℃)
外観乳白色液体
固形分36±1%
PH4〜6
この商品は即納可能です


内容当店格安価格カート
18kgペール缶5500円(税込)
数量:

ハイモル エマルジョンMの特徴
【1】モルタル工事に使用するモルタル接着増強剤です。
【2】モルタル塗り付け前の吸水調整材としても優れた性能を発揮します。
【3】各種ハイモルや現場調合モルタル等へ混入することで、下地との接着力及びモルタルの耐磨耗性・耐吸水性等を向上させ、作業性の良い樹脂モルタルが得られます。

ハイモル エマルジョンMの施工方法

塗布工法
混入工法


関連商品
モルタル接着増強剤、スーパーペトロック400 モルタル接着増強剤、NSハイフレックスHF-1000 ハイモル エマルジョンM コンクリート接着剤、E200
コンクリート接着剤、E250 セラミックボンド GL-20 車止めブロック接着剤、システムロード2000


ページトップへ